災害は忘れたころにやってくる

アーカイブ:2017年 6月

大塚切れ洪水碑 @福町

大塚切れ洪水碑大正時代の洪水のすごさを現在に伝える碑大正6年に高槻市の大塚で堤防が決壊し、淀川右岸が浸水しました。その水を流し出すために、西淀川区の福町で堤防をわざと切って淀川に流し出しました。その地点に『大塚切れ洪水碑』がございま…

詳細を見る

スポンサーリンク

カテゴリー

年月別

Count per Day

  • 0今日の閲覧数:
  • 0昨日の閲覧数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 0昨日の訪問者数:
  • 0.00一日あたりの訪問者数:
  • 3677総閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数: